斎藤一人さん、お金に好かれるコツ

斎藤一人さんは数々の講演を行っている、納税額で日本一になった有名人です。

彼は、お金に好かれるコツとして三つのことを言っています。

お金に好かれるコツはみっつだよ。

まずは、お札の耳をそろえておく

支払う時、お金が出ていく時は、お金に「ありがとう」と言う

トイレの蓋は閉めるんだ。

この三つだけで、お金に好かれ出す。そうするとお金が寄ってくる、とおっしゃいます。

暇乞い(いとまごい)、と言って死ぬときは色々なところに訪ねていく。その時男性が入るのはトイレから入るんだそうです。要するに人の通り道なんですね。彼が言うには、どうやら霊界ともつながっているようです。

トイレはキレイにしておかなくてはいけない。トイレはお金が隠れている場所である、とも言います。

「トイレが汚くて商売なんかやってちゃダメ。」とおっしゃいます。

斎藤一人さんは、トイレが汚い人は絶対に弟子にしない、とおっしゃっているほど。

お金にありがとう、というは感謝の気持ちを伝えるということ。お金に感謝してありがとうと伝えれば、やがて不思議なことにまたお金が戻ってきてくれるいう。信じるか信じないかはあなた次第(笑)

ぜひ上記三つを実行してみよう。

こんな心遣いが奇跡を生み出してくれるのだ。

こんなことを守れないようでは金には好かれないのだ。

斎藤一人さんってどんな人?

斎藤一人(さいとうひとり):実業家 銀座まるかん創業者
生年月日 1948年8月3日

出身   東京都江戸川区小岩

斎藤一人さんは1970年頃から、漢方茶の販売を開始しました。その後漢方をベースにした様々な化粧品や健康食品の販売を行い、銀座まるかんというお店を創立。現在は全国に販売網を持っている。

2002年には長者番付1位となり、以降長者番付12年間連続10位以内に入っていましたが、2005年に長者番付精度が廃止となったため、彼がどのぐらいの資産家なのかは想像の域を出ません。

その後、2009年頃に内臓の病気で緊急入院したが、回復しています。

斎藤さんは事業の他にも、全国で講演をしたり、たくさんの著書もあります。
ベストセラーになっている本と最新本をご紹介します。

2017年12月に発売されたばかりの最新本。本当のしあわせとは何か、しあわせというのは、自分でなる、ものなんだよ。

一人さんが本当に成功するめのお話。 大切なのは、あなたの脳に、潜在意識に、きっちり言って聞かせること。今、あなたが元気で成功することが一番大切!

この本はお金を手に入れるノウハウではなく、お金の性質や本質、そして自分の心の持ち方や在り方を伝える本。一人さん流「お金の哲学書」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です