鷹崎奈津(Baby Step)の緊張した時に思い出すべき言葉

鷹崎奈津、と言ってもピンとこないかもしれない。
そもそも、この女性は、Baby Stepというテニスを主題にした漫画の主人公のひとりだからだ。
Baby Stepは他のテニス漫画やスポーツ系の今までの漫画とは一線を画している。

それが大ブームとなり、多くの若者によく読まれている漫画なのだ。

それは何かというと、そう、登場人物たちのあまりにも細かすぎる正確な描写と、その中に書かれているテニスの戦略や生活態度や考え方が、あまりにもすぐに摂り入れることができることばかり、なのだ。

細かな分析も、試合の組み立て方も、漫画とは思えないほど参考になることばかり。

特によく読んでいるのは、実際に今テニスをやっている子供達だ。

テニスクラブにはこの漫画全冊揃えているところもある。

さて、そんなBaby Stepoでは様々な、私たちの普段の生活にも参考になりそうな言葉を多く残している。

その中でひとつ、まずは緊張した時に、私たちはどうすればいいのだろう。

主人公である丸尾栄一郎は、ある試合の直前、どうしてもこの試合に勝ちたくて、勝ちたくて仕方ない気持ちのまま試合コートへ入る。

ところがガチガチに緊張してしまい、今まで何度も練習したショットも入らず、ミスの連発だった。

そんな時、いつも持参しているテニスノートの一番後ろに、同じテニス仲間で同学年の鷹崎奈津のメモ書きを見つけるのである。

そこにはこう書いていある。

丸尾威栄一郎は、この直前までこんな心境だった。

「身体が思うように動かない、動いていないのにやたらのどが渇いて全身が疲れる。

緊張しているのか?

焦るな

落ち着け!」

そしてブレイクタイムの時、テニスノートをパラパラと見返していた時に、その言葉を発見するのである。

そこにはこう書いてあった。

もし緊張したら

緊張しているのは勝ちたいって

強く思っている証拠

試合にとっていいことだよ!

だから自分のことより

相手のことをよく見よう!!

ガンバレ

これを読んだ主人公の栄一郎は、はっと気が付く。

そういえば自分は自分のことばかりで、相手のことを全然見ていなかった。

相手は何が得意で、何が苦手でどんなテニスなのか、

一番だ大切なことをまったく考えていなかった。

そして彼は、試合を行いながら、相手の苦手な部分を発見していき、その後は緊張もまったく感じさせないプレーへと変身を遂げていく。

この言葉を通じて、彼は緊張することをエネルギーに変えて、パワーをつけていったのだ。

勝利はこうやってつかむものだ。
いかに緊張せず、相手を観察するか、だ。

もし対戦相手がいないスポーツでも、スポーツでなくても考え方は一緒だ。
どこに弱点が潜んでいるのか、敵は何なのか、いつもの自分を取り戻そう。

鷹崎奈津(たかさきなつ)ってこんな人

生年月日 10月23日
B型 56kg 169cm
出身 ?
学歴 ?

好きなもの アイス、犬、キャベツ、お風呂、寝ること、食べること
苦手なもの 注射

家族は 父、母、姉
愛用ラケット prince

高校生だった彼女は学年一の美人と言われていた。
性格は明るくアバウト。おおざっぱ。
テニスには人一倍情熱を注いでいる。
STCに所属してプロテニスプレーヤーを目指しており、神奈川県・関東でトップクラスの実力を持っている。
全日本ジュニアではライバルの清水亜希に勝ち、初優勝。その後アメリカのジョージア大学に留学し、テニス部に入部する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です