辻井伸行さんとお母さんの力強い生き方

辻井伸行さんは盲目のピアニストだ。彼のピアノに魅了されるファンは世界中にいる。

彼は2歳の時からピアノを弾きはじめた。
面白いエピソードがある。
母親の辻井いつ子さんが家事をしている時、突然大声で泣きだす時があったそうだ。

よく考えてみると、ある事をしている時に必ず泣く、という。そのある事とは、掃除機と洗濯機をかけている時。

赤ちゃんの頃から音に非常に敏感だった、というエピソードである。

また、音を一度聞いただけで完全にピアノでその音を復元することができる、というのも天性のものだが、やはり赤ちゃんの時からその片鱗が見られた。

母親の謳う声に合わせて、すぐにピアノで両方の手で弾く(左は伴奏、右はメロディ)、ということがすぐにできたそうだ。

2009年「ヴァン・クライバーン・コンクールに初めて優勝した日本人」として一躍注目を浴びることとなり、以降世界中からのオファーが絶えないピアニストだ。

彼が大成した軌跡は、お母さんのチカラがとてつもなく大きいことに気が付かされる。

自分の生んだ子供が全盲だと知った時のショックは計り知れない。
そこから、どのように子供が成長していくかは、母親がどのように子供に接するか、どのように母親が考えるか、によるところがとても大きい。

いつ子さんは、ある本に出合う。『フロックスは私の目』の著書、福澤美和さんだ。
読み終わった彼女はあまりも感動にすぐに手紙を送り、実際に福澤さんにお会いする。
そして福澤さんは彼女にこう言うのだ。
「普通にお育てになったらいいのよ。あなたが感じるままに、いいと思うことは一緒にやってみたら」と。

福澤さんとの出会いを通して、彼女は、伸行が抱えている「見えない」という世界は、私たちが考えているような暗黒の世界ではない。ということに気がつく。
健常者は、目が最初から見えるから、見えない人のことをかわそう、と思ってしまう。

けれども、生まれつき光を感じたことがなければ、彼なりの感覚や世界がそこに広がっている。

私は、“障害児だから障害児らしく”ではなく、“伸行だから伸行らしく”育て、彼が持つ世界をもっともっと豊かにしていこう。

彼女はそう決心したのだ。
その後の彼女の育て方は、障碍者らしい育て方ではなく、伸行らしい育て方に変わっていく。
何ごとも積極的にやらせ、彼がやりたいことにストップをかけず、大自然に触れさせていく。
彼の幅広く奥行のあるピアノの音色はそういった子育てから育まれたのもに違いない。

 

辻井さんは目が見えない自分について、一度こう言っていたことがある。

目が見えなくても心の目が見えているので満足しています

彼は小さな時から、やりたいことをやらせてもらい、自然を思う存分感じてきた。だからこそ言える言葉なのかもしれない。

ピアノをひく自分については、いつもお客さんに喜んでもらいたい、という気持ちが強い。ピアノが好きで、楽しむ。そして聞いている人に喜んでもらう。
それが彼のすべてだ。

ぼくはただ音楽を楽しんでピアノを弾いています。うまく演奏しようという意識はありません。皆さんもピアノを楽しんで弾いてください。

  

辻井伸行(つじいのぶゆき)さんってこんな人

生年月日 1988年9月13日
出身 東京都豊島区
学歴 筑波大学附属盲学校(現在は視覚特別支援学校)小学部→東京音楽大学付属高校(ピアノ演奏家コース)上野学園大学短期大学部

産婦人科医の父と元アナウンサーの母のもとに生まれた。
生まれた時から眼球が成長しない「小眼球症」と呼ばれる原因不明の障害で全盲である。

2歳の時に母親におもちゃのピアノを買ってもらったのがきっかけでピアノを弾くようになった。

1995年(平成7年)、7歳で全日本盲学生音楽コンクール器楽部門ピアノの部第1位受賞。
1998年(10歳)、三枝成彰スペシャルコンサートで本名徹次指揮、大阪センチュリー交響楽団と共演
1999年(平成11年)(11歳)、全国PTNAピアノコンペティションD級で金賞を受賞
2000年(平成12年)(12歳)、第1回ソロ・リサイタル

辻井氏は、今でも国内外で精力的にコンサートを開催している。またCM曲、ドラマテーマ曲などにも取り組んでいる。

今後、彼の音楽に触れる機会もきっと多いだろうと思う。これからますます活躍を応援したい人である。

 

2004年(平成16年)には東京交響楽団の定期公演に出演し、大きな反響を得る。

2005年(平成17年)6月に、レオシュ・スワロフスキー指揮、スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団と共演し、大成功を収めた。同年10月、ワルシャワで行なわれた第15回ショパン国際ピアノコンクールにて「ポーランド批評家賞」を受賞した。

2009年(平成21年)6月7日、アメリカで開催されたヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールで優勝した(中国人ピアニスト張昊辰と同時優勝)。日本人として初の優勝である。同年7月13日、台東区民栄誉章を受章した。

2013年(平成25年)日本ショパン協会賞を受賞する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です